デイいしかわの特徴
 作品紹介をはじめ、どのコーナーも なるべくビジュアル化する努力をしています。作品集のように見えますが、利用者様が主体で職員は出来ないところを助けるようにして、全ての作品が出来上がっています。
 安全を確保して、ミシンだって、アイロンだって使います。(みんな注目のコーナーにあります)危険だからダメなんて事にはしません。手を動かすことが出来なくても、手伝いながら、どんな作品にしたい。配色は? ココはどうしますか? 参加する方法は色々と考えられます。

 作品のバックにある製作現場を想像してみてください。それぞれの利用者様が、考え、試行錯誤しながら、楽しくて自ら進んで取り組んでいる姿が想像できるでしょうか。
作品は、強制して作ってもらった物ではありません。全ての作品は、作りたい人が、作りたい時に作った物です。”デイサービスいしかわ”はそんなデイサービスです。楽しそうでしょ!そして、リハビリにも取り組めます。
 移動に困る方や進行する病気で動けなくなってきた方に、電動車椅子の練習をし、自宅で安全に使えるようにします。思ったときに思ったところへ動いていけます。目が生き生きします!!

(注釈)
動けなくなった時、誰かにお願いして、行きたい場所に車椅子を押していってもらいます。その人に、自分で動かすことが出来る電動車椅子を提供したとします。そうすると、だれかにお願いしなくても、待たされることもなく、自分が思った時に、思ったところへ、自らの意志で移動していけるようになります。これが目を輝かせる理由です。
電動車椅子コントローラ 改良器具相談
inserted by FC2 system